ニキビとニキビ跡に有効な成分とは?

ニキビやニキビ跡が出来ると、改善の為にスキンケアをしますよね。

  • どんな美容液や美容液を使おうか?
  • 今使っている美容液や化粧水を使い続けていいのか?

などと考えられますよね。

美容液や化粧水の選び方としましては、成分に注目する必要があります。

ニキビやニキビ跡に効果的な成分とは?

この記事ではニキビやニキビ跡に効果的と言われている成分を紹介していきます。

ニキビ跡を改善させる成分とは?

ニキビやニキビ跡に効果的な美容液を紹介していきます。

ビタミンC誘導体

この成分はニキビ跡に効果的とされている有名な成分です。

ビタミンC誘導体が効果的な理由とされるのが、ニキビやニキビ跡の両方に効果があるからです。

ビタミンC誘導体はビタミンCを、より肌に浸透しやすく改善させた成分で、「水溶性ビタミンC誘導体」とも言われています。ビタミンC誘導体はビタミンCの効果と同じなのですが、即効性があり短時間で皮膚に浸透するという特徴があります。

ビタミンCをより効果的に浸透させる方法としましてはコットンパックで浸透させるのがオススメです。

保湿成分

ニキビニキビ跡を改善させるためには保湿成分が多く必要です。なぜ保湿成分が必要なのかといいますと、ニキビは元々肌の乾燥によって発生するため、ニキビを防ぐためには保湿が必要だからということです。

また、ニキビ跡の改善に必要なターンオーバーを正常にするためにも保湿は必要です。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことを言い、肌が生まれ変わらなければニキビのシミは改善しません。

美容液や化粧水を選ぶ際は保湿成分が多く配合してあるものを選ぶようにしてください。

 

エタノールを控える

ニキビにとって一番危険なのが刺激です。エタノールは成分の特性上、揮発性が高く、肌に塗ると皮膚の水分をもっていってしまうというデメリットがあります。乾燥は刺激になります。上記でも紹介したとおり保湿成分が多く配合されているものを選ぶのが重要ではありますが、乾燥の原因を事前に防ぐということも重要です。

また、エタノールが配合されている化粧水や美容液を使用すると皮膚に赤みが出てしまったり違う場所にニキビができてしまう恐れがあります

 

まとめ

最後にまとめさせて頂きますと、

  • ビタミンC誘導体
  • 多くの保湿成分
  • エタノールを控える

ということになりました。

ビタミンC誘導体成分が配合されており、多くの保湿成分が配合されている化粧水や美容液とニキビやニキビ跡に効果的ですし、エタノール成分は控える必要があるでしょう。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡改善する治療法|肌を生まれ変わらせる為には?

ニキビがやっと治った!

そう喜びを感じたもの束の間、次に出来たのはニキビ跡。これではいつまで経ってもキレイな肌にならないよ…

そしてふと気づけば肌はニキビ跡でいっぱいに…

そんな経験でお悩みの方はいませんか?

肌を生まれ変わらせる為にはどうしたらいいの?と考えている方のためにニキビ跡に応じた改善方法を紹介していきたいと思います。

 

ニキビ跡の種類 

ニキビの種類には大人ニキビと思春期ニキビの違いがるものの、

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ

といった種類がありましたが、ニキビ跡には2種類しかありません。

それが

  • 赤み・シミ(色素沈着)ニキビ跡
  • 凹み(陥没・クレーター)ニキビ跡

の2種類です。

赤み・シミ(色素沈着)ニキビ跡

ニキビが改善できても肌が赤くなってしまったり、色素沈着としてシミが出来てしまいます。一般的なニキビ跡というとこの種類のニキビ跡ができるのがほとんどです。

赤みは、ニキビの炎症により毛細血管が破壊され肌に血液成分が残ってしまった事が原因です。

色素沈着は、ニキビの炎症によりメラニン色素が大量に発生されたことにより肌にシミ(色素沈着)として残ってしまった事が原因です。

凹み(陥没・クレーター)ニキビ跡

ニキビ跡の中で一番重症なニキビ跡というのが肌が凹んだクレーター状のニキビ跡です。これはニキビが炎症を起こしアクネ菌が増殖し、肌の下にある真皮が破壊された状態です。

赤ニキビや黄ニキビからクレーターニキビ跡となる場合がありますので注意が必要です。

 

ニキビ跡の治療方法とは?

ニキビ跡の改善方法は、ニキビ跡の症状によって異なります。

それぞれ解説してきます。

赤み・シミ(色素沈着)ニキビ跡

通常はターンオーバーで自然と改善出来るのがシミのニキビ跡なのですが、ターンオーバが正常でない肌はいつまで経ってもシミは改善できないでしょう。

自宅で改善する場合には美白効果や保湿効果の高いニキビ跡専用の美容液などを使用し、肌のターンオーバーを改善させる必要があります。

専門の医療機関で改善する場合には、フラクショナルレーザーやピーリングなどが挙げられます。

凹み(陥没・クレーター)ニキビ跡

凹みのあるニキビ跡は美容液や化粧品だけでは完全に改善は出来ないでしょう。といいますのもクレーターは肌が変形している状態ですので、専門の医療機関で改善する必要があります。治療方法としてはフラクショナルレーザーやピーリングなどが挙げられます。

しかしこちらはシミのニキビ跡の改善方法に比べて非常に難しく、治療価格も高くなってしまいます。

ニキビの種類|跡になるニキビの種類とは?

ニキビは性別や年齢関係なしに様々な肌にでてくる肌トラブルです。

そんなニキビは呼び方など色々なものを聞きますよね?

  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ
  • 白ニキビ
  • 赤ニキビ

それぞれのニキビの状態によって治療方法が異なりますので、正しい知識を知っておかないと改善できるどころか逆に悪化してしまう可能性もあるのです。

この記事ではニキビ種類と特徴を解説し、ニキビ跡になる可能性の高いニキビの種類を紹介していきます。

 

ニキビを大きく分けると2つ

どれがどのニキビなのか分からないと混乱しがちなニキビですが、大きく分けると2種類に分けることが出来ます。

それが思春期ニキビと大人ニキビです。

思春期ニキビ

20歳までに出来るニキビを思春期ニキビと呼びます。主な原因は皮脂の分泌で、男性も女性も思春期時のホルモンバランスの影響で皮脂が過剰に分泌されニキビが出来てしまうのです。

Tゾーン(おでこと鼻周り)に出来やすく、ホルモンバランスの影響によるものなので中々治らないのが特徴です。

思春期ニキビは、ニキビが繰り返しによりたくさんできやすく、ニキビ跡になりやすい特徴もあります。特にニキビ跡を繰り返すとクレーターのニキビ跡となりやすいので注意が必要です。

 

大人ニキビ

20歳以降にできるニキビを大人ニキビと呼びます。主な原因は肌の乾燥、ストレス、食生活の乱れと言われています。しかし原因としましては、どれも皮脂による影響でもあります。

そもそもニキビは皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が増殖することによりできる肌トラブルです。原因は違いますが、皮脂が詰まることに関しては思春期ニキビと変わりありません。

「乾燥なのに皮脂?」と思われがちですが、肌が乾燥すると水分の代わりとして、肌を外部からの刺激から守るために皮脂が分泌されます。乾燥と皮脂はとても深い関係があることが分かります。

 

ニキビの種類

次にニキビの種類を解説します。

ニキビの種類は大きく分けると

  • 炎症の無いニキビ
  • 炎症を起こしたニキビ

に分類することが出来ます。

炎症の無いニキビには、白ニキビと黒ニキビが該当し、炎症を起こしたニキビには赤ニキビと黄ニキビが該当します。(黄ニキビは膿ニキビとも呼ばれます)

こられのニキビはいきなり出来るわけではなく、順番に出来るという特徴があります。

  • 白ニキビ→黒ニキビ(炎症なし)
  • 白ニキビ→赤ニキビ(炎症あり)
  • 白ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ(炎症あり)

このような順序になっております。

この中でニキビ跡として残ってしまうのは炎症を起こしたニキビです。赤ニキビや黄ニキビとなってしまうとターンオーバーでは簡単に改善ができなくなってしまいます

ニキビを改善したいのであれば炎症を起こしたニキビに進展させない必要があります。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?

ニキビ跡とクレーターの関係性|原因と治し方とは?

ニキビとテカリの関係性|保湿は必要?

ニキビ跡というのは男性や女性など様々な人が悩みを抱えているでしょう。

そんなニキビ跡と関連して、肌のテカリなども気になりませんか?

この記事では顔のテカリニキビの関係性について解説していきます。

 

顔のテカリの原因は?ニキビとの関係性

ニキビを改善するには洗顔が必須です。これは「顔についた皮脂を洗い落とし衛生的にするため」ということです。この記事を読んでいる方も毎日洗顔しているかと思います。しかしちゃんと洗っているはずなのにテカリが改善しない!といった悩みは無いでしょうか?

しっかりと石鹸を泡立てたはずなのに….

 

ニキビができる原因はご存知でしょうか?

ニキビは肌が乾燥し、乾燥を防ぐために毛穴から皮脂が出て、出過ぎた皮脂が毛穴に詰まり、詰まった皮脂がアクネ菌の増殖を招き、化膿しニキビとなります。

あなたが使っている洗顔料の成分に油が入っていませんか?泡立ちが良い洗顔剤の場合、油が配合されている場合が多く、その油が毛穴に詰まってしまいニキビとなる原因にもなる可能性があります。

よって、ニキビを改善させるには水洗い洗顔がベストです。

 

テカリがでる原因はご存知でしょうか?

皮脂は水分とのバランスが良く、サラサラしており、顔全体に薄っすらと膜が広がっているようになっています。これは普通の状態です。ですが毛穴が詰まってしまうと水分とのバランスが取れなくなってしまいベタベタした皮脂が出てしまうのです。

これがテカリの原因です。

 

ニキビもテカリも、毛穴に皮脂や油が詰まってしまっていることによって出来るということです。

これがニキビとテカリの関係性です。

 

テカリに保湿は必要?

ニキビやニキビ跡を改善するには保湿が必須です。元々ニキビが出来る原因として乾燥があります。肌が乾燥したことによって肌を守るために皮脂が過剰に出てしまい、それが毛穴に詰まりニキビとなります。

毛穴に皮脂が詰まるとテカリも出てきます。(ニキビがあるときって顔がテカっていませんか?)

そんなテカリに悩みがちな私達ですが、保湿は必須です。

ニキビやニキビ跡改善するために必要なターンオーバーも保湿が重要です。保湿をしなければターンオーバーは改善しません。新しい肌が生成されません。

顔がテカっているのに保湿をするのはちょっとと思われると思いますが、保湿されているように見え実は乾燥しているが真実ですので、ニキビ・ニキビ跡の改善のためにも保湿をしてください。

テカってベタついて嫌だと言う方もサラサラしたタイプの化粧水で保湿をしてくださいね。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?

ニキビ跡とクレーターの関係性|原因と治し方とは?

 

ニキビ跡とクレーターの関係性|原因と治し方とは?

ニキビといったらニキビ跡。ニキビは一度出来てしまうと連続でニキビができやすいです。そんな最悪な肌環境を放置すると次第にニキビは悪化していきます。

そして気づいたら大きなニキビ跡に!

クレーターのような肌に凹凸があるようなニキビ跡をご存知でしょうか?

普通の赤みを伴ったニキビ跡や、シミのようなニキビ跡に比べて、ファンデーションやコンシーラーでも隠す事ができずに悩みがちなのがクレーターのニキビ跡です。

隠すことも出来ないしほっておいても改善しない、相手からどのように思われているのか怖くて自信を持って人と話すこともできないといった方は多いのではないでしょうか?

どうにかして治すために出来ることは無いの?

この記事ではクレーターニキビ跡ができる原因や改善方法をしていきます。

 

クレーターのニキビ跡ができる原因

ニキビ跡には様々なタイプがあります。

  • 赤みをもったニキビ跡
  • シミ(色素沈着)のニキビ跡
  • クレーター状のニキビ跡

これらの中でも一番深刻とされているのがクレーターのニキビ跡です。

クレーターニキビ跡ができる原因はただ1つで、腫れたニキビや炎症を起こしたニキビを潰してしまったり、悪化させて繰り返しニキビができてしまった場合などに出来ます。

そしてターンオーバーで改善できない状態まで皮膚が傷むとクレーターとして跡になってしまうのです。

凹凸したクレーターニキビ跡は、皮膚層の下にある真皮層までダメージがいってしまったということです。

この真皮層というのはターンオーバーでは改善出来ない肌の部分ですので、一度できてしまったら中々修復することは難しいでしょう。

 

クレーターニキビ跡を治すには?

とにかく早くクレーターニキビを改善したい!そう考えている方も多いと思いますが、凹んでしまった肌(クレーター)を改善するのは、かなり大変で時間がかかることは覚悟してください。

クレーターの深さなどの症状にもよりますが、深刻な場合はセルフでは直せない事が多いです。しかし傷跡が浅い場合にはセルフで改善(目立たなく)されることは出来るでしょう。

セルフで治すには?

まず自分でニキビ跡の改善できることといえばターンオーバーの改善でしょう。ターンオーバーが乱れていることでニキビが出来、ニキビ跡ができ、クレーターが出来ています。よって、クレーターニキビ跡を改善するために、まずターンオーバーを改善する必要があります。

ターンオーバーは食生活や睡眠時間でも乱れますので、規則正しい生活を心がけましょう。

タンパク質やビタミンなどの成分を取ることで内面からケアをすることが出来ます。また、ターンオーバーを促進される成分であるビタミンC誘導体などが配合された化粧水や美容液を使用することもオススメです。

ビタミンC誘導体配合のニキビ跡専用美容液はこちらがおすすめです→ベルブラン

 

完治させるには美容クリニックや皮膚科が必須

セルフで改善させるといっても実際は、肌の凹んだ部分に膨らみをもたせて目立たなくさせるということが精一杯です。

凹凸で変形してしまったニキビ跡を完全に改善させるには、皮膚科や美容クリニックでの治療は必須でしょう。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?

 

ニキビ跡の症状別!化粧水の選び方を解説

ニキビは男性女性などの性別や年齢を問わずに、誰しもが悩みを抱える肌トラブルの1つです。そんなニキビは症状によって異なりますが、症状によってはニキビ跡として肌に残ってしまいます。

ニキビ跡として残ってしまうと、一生残ると言われていますが、それは間違いです。

ニキビ跡に効果的な成分の化粧水を選び、正しい改善方法を取り入れることでニキビ跡は改善に向かうでしょう。

ニキビ跡の症状によって有効な必要成分が異なりますので、ニキビ跡を治す上で大切な化粧水の選び方を症状別に紹介していきたいと思います。

 

赤みがあるニキビ跡へおすすめの化粧水

赤みがあるニキビ跡というのは、ニキビ跡の中でも中間的な難易度のニキビ跡です。場合によっては深刻な跡として残ってしまう可能性があるため、早期な対策が必要です。

赤みがあるニキビ跡に対しては、塩素油を抑える成分や保湿でターンオーバーを整える成分が効果的です。

そんな赤みがあるニキビ跡に対しては以下の成分が効果的と言えるでしょう。

  • アラントイン
  • グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)
  • ビタミンC誘導体

 

色素沈着(シミ)があるニキビ跡へおすすめの化粧水

色素沈着は肌さわりも痛みも無いため、放置されがちなニキビ跡となっていますが、紫外線などの影響を受けると、シミが肥大化する恐れがあるため、改善が必要でしょう。

そんな色素沈着(シミ)のニキビ跡を改善させるためには美白成分が配合されている化粧水が効果的です。

色素沈着(シミ)のニキビ跡に対しては以下の成分が効果的と言えるでしょう。

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • ハイドロキノン

 

クレーターのあるニキビ跡へのおすすめの化粧水

クレーターのニキビというのはニキビ跡の中でも最も深刻なニキビ跡で、皮膚が完全に壊れている状態ですので化粧水だけでは改善出来ない可能性があります。(症状によります)化粧水では凹んだ肌をふっくらさせてクレーターを目立たなくさせる事はできます。完全に綺麗に改善するには、皮膚科などでのレーザー治療が必要です。

肌をふっくらさせてクレーターを目立たなくさせる働きのある以下の成分を含む化粧水がオススメです。

  • プロテオグリカン
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンC誘導体

 

その他のニキビ跡に効果的な3つの成分

その他ニキビ跡に効果的な成分として、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などの保湿成分が配合されている化粧水は良いでしょう。

ニキビにとって一番の悪影響を与えるのは乾燥です。乾燥肌であっても脂性肌であってもニキビの原因は乾燥です。よって、ニキビ跡を根本的から解決するためにも乾燥は防がなくてはなりません。

ニキビ跡を改善させるためにもターンオーバーを促進させるために保湿が重要です。

 

また、化粧水全体的なことで言えますが、「医薬部外品」や「薬用」といった表記がされている化粧水が一番効果的と言えるでしょう。

医薬部外品や薬用と記載できる化粧水は、厚生労働省が効果に期待ができると認可した成分を一定量配合している化粧水です。よってニキビ跡に効果を発揮出来るかと思われます。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡と酒(アルコール)の関係性、なぜ目立つ?

「お酒を飲んだらニキビ跡が目立った!」といった経験をお持ちの方はいるのではないでしょうか?

また、「普段はニキビ跡はないと思ったのに、アルコールを摂取したらニキビ跡が目立った!」といった方もいらっしゃいます。

一見関係なさそうなお酒とニキビ跡ではありますが、なぜお酒を飲むとニキビ跡が目立ってしまうのか気になりますよね?

今回は(アルコール)とニキビ跡の関係性について紹介していきたいと思います。

 

酒を飲むとニキビ跡が目立つ理由

お酒を飲むとニキビ跡が目立つ理由、結論をお伝えすると、アルコールによって血行が促進されるからです。
ニキビ跡はニキビ後にできる跡ではありますが、肌の炎症からできるものですので、血行が促進されると、赤く目立ってしまうということなのです。

「ニキビ跡がないと思ってたのに赤くなったけど?」などと、跡がないのにお酒を飲むとニキビ跡が目立つという方もいるかと思われます。

実はこれもアルコールにより血行促進の影響を受けてニキビ跡が目立ってしまっているということです。
ニキビ跡が落ち着いて外見では改善されたかのようにみえる『隠れニキビ跡』は血行促進によって目立ってしまいます。

 

ニキビ跡を目立たなくさせる方法は?

これは非常に難しい問題で、具体的な解決策とすると酒を飲まないでアルコールの影響を受けないということに限るかと思います。
物理的にお酒を摂取しなければ、お酒により血行促進を防ぐことが出来ますのでニキビ跡が目立ってしまうということは防げるでしょう。 

ニキビ跡があるにも関わらずアルコールを摂取し続けると炎症を加速させる原因にもなりますので、ニキビ跡を目立たせなくさせる以前問題でアルコールの摂取は避けた方が良いでしょう。
ニキビ跡が完全に治りましたら、お酒(アルコール)を摂取しても問題ありません!

 

外的なアルコールの危険性も…

アルコールの危険性は何も「お酒」だけではありません。化粧水や美容液などに含まれるアルコールもニキビやニキビ跡にとっては危険性があります。
化粧水や美容液などに含まれるアルコールは、防腐作用として配合されていることが多いのですが、こういった肌の外的から影響を受けるアルコールにもニキビやニキビ跡には危険性があります。
アルコールは気化性が高く、蒸発するのが早いのが特徴です。そんなアルコールを肌に塗ってしまいますと、肌に含まれる水分も一緒に蒸発してしまう恐れがあるのです。
ニキビやニキビ跡を改善する上で必要な保湿効果が低下してしまうということになりますので、ニキビやニキビ跡を改善したいのでしたら、アルコールが含まれていない化粧水や美容液の使用をおすすめします。

  • アルコールを飲まない
  • アルコールを塗らない

以上2つがニキビやニキビ跡にとって大切な要素となります!

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?

男女性別問わず、誰しもが悩んだ事があるかと思われるニキビ。そんなニキビは早いと数日で改善出来ますが、長いものだと数週間経ってもなかなか治らないといった悩みがありますよね。そしてその後にできるニキビ跡…

このニキビ跡が厄介で、場合によってはシミになったりする人もいるのでは無いでしょうか?

そんな出来てしまったニキビ跡のシミを改善するには、ビタミンCという成分が非常に重要になってきます。

今回はニキビ跡を改善する為に必要なビタミンCについて解説していきたいと思います。

 

ニキビ跡の原因

ニキビ跡が出来る原因はいくつかありますが、第一前提としてニキビの状態があります。ニキビがひどい場合が跡になる可能性が高くなりますし、小さなニキビは早々に改善するでしょう。

赤ニキビなどのような炎症をおこしている場合が跡になりやすい傾向にあります。

  • ニキビを潰す
  • 無理に触って刺激を与える

など間違ったスキンケア方法をしていますと跡に残る原因にもなりますので、正しいケアをしてニキビ・ニキビ跡を改善していきましょう。

 

ニキビ跡を改善するにはターンオーバーが重要

まず初めにニキビ跡が改善するのに必須な条件についてお話すると、ターンオーバーを正常に整える事が必要です。ニキビが出来ているということは、「炎症が起こっていた」ということですので、ターンオーバーが乱れているということなのです。

ターンオーバーは肌の古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わる為のサイクルです。肌のターンオーバーが正常な場合ですと肌の古い角質が落ちると主に、ニキビ跡も自然と薄くなり治るのですが、ターンオーバーが乱れていると、皮膚の生まれ変わりのサイクルが正常にいかずに、ニキビ跡はいつまでの肌に残ってしまうことになるのです。

ターンオーバーが長くなるということはニキビ跡がなかなか改善しませんので、ニキビ跡を治すにはターンオーバーを正常にする必要があるということを忘れないでください。

自分の年齢 × 1.5~2倍  = ターンオーバーの周期

ターンオーバーを整える為に出来ること

ニキビ跡を改善するにはターンオーバーを正常にするということが大切ということは理解できましたが、では、ターンオーバーを正常に整えるにはどうすれば良いのでしょうか?

それには肌のバリア機能を回復させる必要があります。

肌のバリア機能には、

  • 皮膚に潤いを与える
  • 乾燥や外部刺激から肌を守る

といったニキビやニキビ跡にも大切な役割があります。

これらのバリア機能を回復させるには、保湿保水が大切となってきますので、こまめな肌の保湿やパックが必要となってきます。これに加えて睡眠時間や栄養バランスといった生活習慣も重要になってきます。

 

ビタミンCによるニキビ跡改善の効果

保湿をしてターンオーバーを正常にする必要があるのがニキビ跡ですが、ビタミンCという成分でもニキビ跡を改善する働きがあります。

ビタミンCを配合している化粧水や美容液を使うと効果的です。ビタミンCをより浸透させやすくさせたビタミンC誘導体が配合されているものが最もオススメです。

ビタミンC誘導体の効果としましては以下の通りです。

  • 抗炎症作用があるのでニキビの炎症を抑える働き
  • ニキビができる原因となる皮脂成分を抑える作用
  • お肌の再生効果のあるコラーゲンの生成を促す作用
  • シミの原因であるメラニン色素生成を抑制

このようにニキビを抑制させる働きの他に、ニキビ跡を改善・抑制させる働きのあるビタミンC誘導体は私達にとって必要な成分であると言えるでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめさせていただくと、

  • ニキビ跡を改善するにはターンオーバーを正常にする必要
  • ターンオーバーを正常にするには保湿が重要
  • ニキビ・ニキビ跡を改善するにはビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液がオススメ

といった事が分かりました。

ニキビは一度出来てしまうと再度出来てしまい、悪循環に陥ってしまいます。

保湿→肌のバリア機能回復→ターンオーバーを正常に→ニキビ跡の改善

といった流れになります。

保湿効果の高いビタミンC誘導体が配合された化粧品や美容液の使用をおすすめします。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?

ニキビ跡を治す食べ物/効果的な食材は?

ニキビ跡は性別年齢問わず、誰しもが悩む肌トラブルかと思います。ニキビを潰してしまうとシミや跡になる事は誰しもが理解しているかと思いますが、ニキビケアをしていてもシミや跡が出来てしまうことがありますよね?

ニキビのシミはニキビと比べても痛みや痒みは無く、ただただ跡として残っているといったイメージかと思います。しかしなかなか消えずに元通りの美白になるまで時間がかかってしまう厄介な肌トラブルでもあるのです。
クレーターニキビ跡なんかが一番良くない例ですね!皮膚細胞が完全に破壊されており、改善するまで時間がかかるか、一生跡として残ってしまう恐れがあります。

そんな一生残ってしまう危険性もあるニキビ、ニキビ跡のシミを治すにはどうすればいいか?少しでも良くなる方向に持っていくのには食べ物を考える必要があるのか?シミを改善するのに効果的な食べ物(食材)を紹介していきたいと思います。

ニキビ跡を改善するためには?

根本的な問題として、ニキビ跡を改善するには、肌のターンオーバーを正常にする必要があります。
ターンオーバーを簡単に解説すると、皮膚の生まれ変わりの期間です。古くなった(シミとなった)角質を剥がれ落とす必要があるのです。シミとなってしまった皮膚を改善するには新しい皮膚に生まれ変われさせる必要があるのです。
このターンオーバーは28日と言われていますが、これは実は20代の比較的若めの肌をお持ちの人の場合で、ターンオーバーというのは年齢が上がるにつれて遅くなってしまうという事を忘れないでください。
各年齢のターンオーバーの期間は下記を参考にしてください。

自分の年齢 × 1.5~2倍  = ターンオーバーの周期

また、ターンオーバーというのは、周期が乱れてしまうと28日から38日といったように期間が伸びてしまうのです。乱れてしまうとターンオーバーが遅れるので、シミの改善も遅れることになります。つまりニキビ跡のシミがなかなか治らないといったことになるのです。

ニキビがあったり、ニキビがなかなか治らないということは、もう既にターンオーバーが乱れているということです。
よって、ニキビ跡に悩まされている方がまず初めにすることは、ターンオーバーの改善(促進)です。

ターンオーバーが乱れる原因としましては、生活習慣により自律神経のバランスが崩れることが挙げられます。この結果肌のバリア機能が低下しニキビや肌トラブルに悩まされることになり、ニキビ跡ができる原因となります。

自律神経が乱れる=ニキビができやすい

よってニキビやニキビ跡を改善するするには、自律神経を正常に整えてあげる必要があるわけですね!
自律神経は胃腸と深い繋がりを持っており、胃腸を正常に保つことにより自律神経を正常に保つことにもなるのです。

胃腸を正常に保つ=食生活が大事

 

ニキビ跡の改善に効果的な食べ物

ビタミンB2

ビタミンB2は、肌の新陳代謝を促す効果があります。新陳代謝を促すというのは、ターンオーバーを正常に保つという事でもあり、ニキビ跡のシミを改善するのに必要な成分であると言えます。
また、ビタミンB2はニキビができる原因である皮脂の分泌を防ぐ働きもありますので、ニキビが出来るのに悩んでいる方はこの成分が含まれる食材を摂取するといいでしょう。

ビタミンB2の成分を含む食べ物は以下の通りです。

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • レバー
  • イワシ
  • 納豆

ビタミンE

ビタミンEは、血流の流れを良くし、肌の新陳代謝を高める効果に期待ができます。ビタミンB2と同じく、新陳代謝を高める事ができるので、ビタミンEもターンオーバーを改善することが出来ます。よってニキビ跡のシミを改善するのを促進する働きに期待できます。

ビタミンEの成分を含む食べ物は以下の通りです。

  • ピーマン
  • アーモンド
  • アボカド

ビタミンC

ビタミンCは、ニキビ跡のシミ(色素沈着)を改善する働きがある他、炎症を抑える効果、シミ(色素沈着)ができる原因であるメラニン色素の抑制にも期待ができます。
つまり、ニキビ・ニキビ跡どちらにも効果が期待できるのがビタミンCですので、ビタミンCはどなたでも摂取するのをおすすめします。

ビタミンCの成分含む食べ物は以下の通りです。

  • ピーマン
  • アセロラ
  • レモン
  • イチゴ
  • ブロッコリー

まとめ

今回紹介した食材はどれも、ニキビやニキビ跡を改善や予防する効果に期待できる食べ物です。肌の外面からのケアも大切ですが、食べ物からのケアも大切になってきます。
特にビタミンCはニキビやニキビ跡に重要な成分ですので、是非取り入れてみてください。
ビタミンCが含まれた化粧水や美容液をスキンケアに取り入れるのも効果的です。化粧水や美容液では、肌により浸透しやすくなったビタミンC誘導体という成分名で配合されています。
外面と内面、両方からケアをしていくことで、シミやニキビ跡に、より効果に期待が出来るでしょう。

「毎日ケアしているのになかなかシミやニキビ跡が改善しない」といった方は、紹介した食べ物を取り入れるだけでも変化を感じられるかと思います。なぜなら、私たちの肌を作っているのは、私たちが食べた食材ですから。

ニキビ跡の種類や改善法とは?