やっとの思いでニキビが治ったのに、今度はニキビ跡が赤く残ってしまった!そんなお悩みを抱えている人はいませんか?
ニキビと同じくらいい気になる赤ら顔(赤いニキビ跡)を治す方法を解説していきたいと思います。

 

ニキビ跡の赤みはなぜ引かない?

なぜニキビが治っても赤みが治らないのでしょうか?ニキビの出っ張りは治ったけど赤みだけ残ってしまったという感じですよね?

その理由としましては、皮膚の内部でまだ炎症が残っているからということにあります。ニキビによって破壊された皮膚の細胞を修復するために血管が開いており、それが赤く見える原因なのです。その修復が終われば血管が自然と閉じますので赤みも消えていきます。

ですから修復が終わるまで待っていましょう!

という訳にもいきませんので、早く赤みが治る方法を解説していきますね。

 

ニキビの赤みを早く改善する方法

赤みが生じる原因は先程紹介した通り、にきびによって破壊された皮膚細胞を修復しているからです。ですから赤みを早く治すためには、修復を早めればいいというわけです。

修復の早め方としては「ビタミンC」を取り入れると効果的でしょう。


ビタミンCが配合されたローションやクリームなどを塗り込むことで修復を早めることが期待できます。
また赤みだけでなく、クレーター状態のニキビ跡もビタミンCを導入してあげると良いでしょう。

赤みが出ている今の段階でビタミンCで修復をサポートしてあげることで、早いだけでなく効果的に修復が可能です。
数年後治そうと思ってビタミンCを取り入れても治らないこともあります。

 

他のニキビの赤みを早く治す方法

病院でのケアをおすすめしているサイトも多いのですが、自宅でもできるケアをおすすめします。
自宅でできるケアとしては、紫外線対策をしてください。紫外線は炎症を悪化させる働きがありますので、マスクなどをして紫外線を防ぎましょう。


また美白化粧水や美容液などをスキンケアに取り入れることも効果的です。その際はビタミンCやトラネキサム酸などの炎症を抑制させる働きのある成分が配合されている事を確認してください。
※美白美容液はニキビ跡には効果的ですが、ニキビには効果は期待できませんのでご注意ください。

  • ニキビを冷やす
  • オロナインを使用する

といったケアをしている人もいるかと思いますが、これらのケアは間違いです。
痛みがあるニキビを沈静化させるにはこれらは効果的ですがニキビ跡の赤みを治すという面では意味がありません。ニキビ跡は皮膚の細胞の破壊ではありますが、これらの成分で治ることはあまりせん。
ビタミンCを取り入れることが1番効果的と言えるでしょう。