男女性別問わず、誰しもが悩んだ事があるかと思われるニキビ。そんなニキビは早いと数日で改善出来ますが、長いものだと数週間経ってもなかなか治らないといった悩みがありますよね。そしてその後にできるニキビ跡…

このニキビ跡が厄介で、場合によってはシミになったりする人もいるのでは無いでしょうか?

そんな出来てしまったニキビ跡のシミを改善するには、ビタミンCという成分が非常に重要になってきます。

今回はニキビ跡を改善する為に必要なビタミンCについて解説していきたいと思います。

 

ニキビ跡の原因

ニキビ跡が出来る原因はいくつかありますが、第一前提としてニキビの状態があります。ニキビがひどい場合が跡になる可能性が高くなりますし、小さなニキビは早々に改善するでしょう。

赤ニキビなどのような炎症をおこしている場合が跡になりやすい傾向にあります。

  • ニキビを潰す
  • 無理に触って刺激を与える

など間違ったスキンケア方法をしていますと跡に残る原因にもなりますので、正しいケアをしてニキビ・ニキビ跡を改善していきましょう。

 

ニキビ跡を改善するにはターンオーバーが重要

まず初めにニキビ跡が改善するのに必須な条件についてお話すると、ターンオーバーを正常に整える事が必要です。ニキビが出来ているということは、「炎症が起こっていた」ということですので、ターンオーバーが乱れているということなのです。

ターンオーバーは肌の古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わる為のサイクルです。肌のターンオーバーが正常な場合ですと肌の古い角質が落ちると主に、ニキビ跡も自然と薄くなり治るのですが、ターンオーバーが乱れていると、皮膚の生まれ変わりのサイクルが正常にいかずに、ニキビ跡はいつまでの肌に残ってしまうことになるのです。

ターンオーバーが長くなるということはニキビ跡がなかなか改善しませんので、ニキビ跡を治すにはターンオーバーを正常にする必要があるということを忘れないでください。

自分の年齢 × 1.5~2倍  = ターンオーバーの周期

ターンオーバーを整える為に出来ること

ニキビ跡を改善するにはターンオーバーを正常にするということが大切ということは理解できましたが、では、ターンオーバーを正常に整えるにはどうすれば良いのでしょうか?

それには肌のバリア機能を回復させる必要があります。

肌のバリア機能には、

  • 皮膚に潤いを与える
  • 乾燥や外部刺激から肌を守る

といったニキビやニキビ跡にも大切な役割があります。

これらのバリア機能を回復させるには、保湿保水が大切となってきますので、こまめな肌の保湿やパックが必要となってきます。これに加えて睡眠時間や栄養バランスといった生活習慣も重要になってきます。

 

ビタミンCによるニキビ跡改善の効果

保湿をしてターンオーバーを正常にする必要があるのがニキビ跡ですが、ビタミンCという成分でもニキビ跡を改善する働きがあります。

ビタミンCを配合している化粧水や美容液を使うと効果的です。ビタミンCをより浸透させやすくさせたビタミンC誘導体が配合されているものが最もオススメです。

ビタミンC誘導体の効果としましては以下の通りです。

  • 抗炎症作用があるのでニキビの炎症を抑える働き
  • ニキビができる原因となる皮脂成分を抑える作用
  • お肌の再生効果のあるコラーゲンの生成を促す作用
  • シミの原因であるメラニン色素生成を抑制

このようにニキビを抑制させる働きの他に、ニキビ跡を改善・抑制させる働きのあるビタミンC誘導体は私達にとって必要な成分であると言えるでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめさせていただくと、

  • ニキビ跡を改善するにはターンオーバーを正常にする必要
  • ターンオーバーを正常にするには保湿が重要
  • ニキビ・ニキビ跡を改善するにはビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液がオススメ

といった事が分かりました。

ニキビは一度出来てしまうと再度出来てしまい、悪循環に陥ってしまいます。

保湿→肌のバリア機能回復→ターンオーバーを正常に→ニキビ跡の改善

といった流れになります。

保湿効果の高いビタミンC誘導体が配合された化粧品や美容液の使用をおすすめします。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?