ニキビといったらニキビ跡。ニキビは一度出来てしまうと連続でニキビができやすいです。そんな最悪な肌環境を放置すると次第にニキビは悪化していきます。

そして気づいたら大きなニキビ跡に!

クレーターのような肌に凹凸があるようなニキビ跡をご存知でしょうか?

普通の赤みを伴ったニキビ跡や、シミのようなニキビ跡に比べて、ファンデーションやコンシーラーでも隠す事ができずに悩みがちなのがクレーターのニキビ跡です。

隠すことも出来ないしほっておいても改善しない、相手からどのように思われているのか怖くて自信を持って人と話すこともできないといった方は多いのではないでしょうか?

どうにかして治すために出来ることは無いの?

この記事ではクレーターニキビ跡ができる原因や改善方法をしていきます。

 

クレーターのニキビ跡ができる原因

ニキビ跡には様々なタイプがあります。

  • 赤みをもったニキビ跡
  • シミ(色素沈着)のニキビ跡
  • クレーター状のニキビ跡

これらの中でも一番深刻とされているのがクレーターのニキビ跡です。

クレーターニキビ跡ができる原因はただ1つで、腫れたニキビや炎症を起こしたニキビを潰してしまったり、悪化させて繰り返しニキビができてしまった場合などに出来ます。

そしてターンオーバーで改善できない状態まで皮膚が傷むとクレーターとして跡になってしまうのです。

凹凸したクレーターニキビ跡は、皮膚層の下にある真皮層までダメージがいってしまったということです。

この真皮層というのはターンオーバーでは改善出来ない肌の部分ですので、一度できてしまったら中々修復することは難しいでしょう。

 

クレーターニキビ跡を治すには?

とにかく早くクレーターニキビを改善したい!そう考えている方も多いと思いますが、凹んでしまった肌(クレーター)を改善するのは、かなり大変で時間がかかることは覚悟してください。

クレーターの深さなどの症状にもよりますが、深刻な場合はセルフでは直せない事が多いです。しかし傷跡が浅い場合にはセルフで改善(目立たなく)されることは出来るでしょう。

セルフで治すには?

まず自分でニキビ跡の改善できることといえばターンオーバーの改善でしょう。ターンオーバーが乱れていることでニキビが出来、ニキビ跡ができ、クレーターが出来ています。よって、クレーターニキビ跡を改善するために、まずターンオーバーを改善する必要があります。

ターンオーバーは食生活や睡眠時間でも乱れますので、規則正しい生活を心がけましょう。

タンパク質やビタミンなどの成分を取ることで内面からケアをすることが出来ます。また、ターンオーバーを促進される成分であるビタミンC誘導体などが配合された化粧水や美容液を使用することもオススメです。

ビタミンC誘導体配合のニキビ跡専用美容液はこちらがおすすめです→ベルブラン

 

完治させるには美容クリニックや皮膚科が必須

セルフで改善させるといっても実際は、肌の凹んだ部分に膨らみをもたせて目立たなくさせるということが精一杯です。

凹凸で変形してしまったニキビ跡を完全に改善させるには、皮膚科や美容クリニックでの治療は必須でしょう。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?