ニキビは性別や年齢関係なしに様々な肌にでてくる肌トラブルです。

そんなニキビは呼び方など色々なものを聞きますよね?

  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ
  • 白ニキビ
  • 赤ニキビ

それぞれのニキビの状態によって治療方法が異なりますので、正しい知識を知っておかないと改善できるどころか逆に悪化してしまう可能性もあるのです。

この記事ではニキビ種類と特徴を解説し、ニキビ跡になる可能性の高いニキビの種類を紹介していきます。

 

ニキビを大きく分けると2つ

どれがどのニキビなのか分からないと混乱しがちなニキビですが、大きく分けると2種類に分けることが出来ます。

それが思春期ニキビと大人ニキビです。

思春期ニキビ

20歳までに出来るニキビを思春期ニキビと呼びます。主な原因は皮脂の分泌で、男性も女性も思春期時のホルモンバランスの影響で皮脂が過剰に分泌されニキビが出来てしまうのです。

Tゾーン(おでこと鼻周り)に出来やすく、ホルモンバランスの影響によるものなので中々治らないのが特徴です。

思春期ニキビは、ニキビが繰り返しによりたくさんできやすく、ニキビ跡になりやすい特徴もあります。特にニキビ跡を繰り返すとクレーターのニキビ跡となりやすいので注意が必要です。

 

大人ニキビ

20歳以降にできるニキビを大人ニキビと呼びます。主な原因は肌の乾燥、ストレス、食生活の乱れと言われています。しかし原因としましては、どれも皮脂による影響でもあります。

そもそもニキビは皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が増殖することによりできる肌トラブルです。原因は違いますが、皮脂が詰まることに関しては思春期ニキビと変わりありません。

「乾燥なのに皮脂?」と思われがちですが、肌が乾燥すると水分の代わりとして、肌を外部からの刺激から守るために皮脂が分泌されます。乾燥と皮脂はとても深い関係があることが分かります。

 

ニキビの種類

次にニキビの種類を解説します。

ニキビの種類は大きく分けると

  • 炎症の無いニキビ
  • 炎症を起こしたニキビ

に分類することが出来ます。

炎症の無いニキビには、白ニキビと黒ニキビが該当し、炎症を起こしたニキビには赤ニキビと黄ニキビが該当します。(黄ニキビは膿ニキビとも呼ばれます)

こられのニキビはいきなり出来るわけではなく、順番に出来るという特徴があります。

  • 白ニキビ→黒ニキビ(炎症なし)
  • 白ニキビ→赤ニキビ(炎症あり)
  • 白ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ(炎症あり)

このような順序になっております。

この中でニキビ跡として残ってしまうのは炎症を起こしたニキビです。赤ニキビや黄ニキビとなってしまうとターンオーバーでは簡単に改善ができなくなってしまいます

ニキビを改善したいのであれば炎症を起こしたニキビに進展させない必要があります。

ニキビ跡の種類や改善法とは?

ニキビ跡を消すにはビタミンCが重要って知ってますか?

ニキビ跡とクレーターの関係性|原因と治し方とは?