ニキビ跡は性別年齢問わず、誰しもが悩む肌トラブルかと思います。ニキビを潰してしまうとシミや跡になる事は誰しもが理解しているかと思いますが、ニキビケアをしていてもシミや跡が出来てしまうことがありますよね?

ニキビのシミはニキビと比べても痛みや痒みは無く、ただただ跡として残っているといったイメージかと思います。しかしなかなか消えずに元通りの美白になるまで時間がかかってしまう厄介な肌トラブルでもあるのです。
クレーターニキビ跡なんかが一番良くない例ですね!皮膚細胞が完全に破壊されており、改善するまで時間がかかるか、一生跡として残ってしまう恐れがあります。

そんな一生残ってしまう危険性もあるニキビ、ニキビ跡のシミを治すにはどうすればいいか?少しでも良くなる方向に持っていくのには食べ物を考える必要があるのか?シミを改善するのに効果的な食べ物(食材)を紹介していきたいと思います。

ニキビ跡を改善するためには?

根本的な問題として、ニキビ跡を改善するには、肌のターンオーバーを正常にする必要があります。
ターンオーバーを簡単に解説すると、皮膚の生まれ変わりの期間です。古くなった(シミとなった)角質を剥がれ落とす必要があるのです。シミとなってしまった皮膚を改善するには新しい皮膚に生まれ変われさせる必要があるのです。
このターンオーバーは28日と言われていますが、これは実は20代の比較的若めの肌をお持ちの人の場合で、ターンオーバーというのは年齢が上がるにつれて遅くなってしまうという事を忘れないでください。
各年齢のターンオーバーの期間は下記を参考にしてください。

自分の年齢 × 1.5~2倍  = ターンオーバーの周期

また、ターンオーバーというのは、周期が乱れてしまうと28日から38日といったように期間が伸びてしまうのです。乱れてしまうとターンオーバーが遅れるので、シミの改善も遅れることになります。つまりニキビ跡のシミがなかなか治らないといったことになるのです。

ニキビがあったり、ニキビがなかなか治らないということは、もう既にターンオーバーが乱れているということです。
よって、ニキビ跡に悩まされている方がまず初めにすることは、ターンオーバーの改善(促進)です。

ターンオーバーが乱れる原因としましては、生活習慣により自律神経のバランスが崩れることが挙げられます。この結果肌のバリア機能が低下しニキビや肌トラブルに悩まされることになり、ニキビ跡ができる原因となります。

自律神経が乱れる=ニキビができやすい

よってニキビやニキビ跡を改善するするには、自律神経を正常に整えてあげる必要があるわけですね!
自律神経は胃腸と深い繋がりを持っており、胃腸を正常に保つことにより自律神経を正常に保つことにもなるのです。

胃腸を正常に保つ=食生活が大事

 

ニキビ跡の改善に効果的な食べ物

ビタミンB2

ビタミンB2は、肌の新陳代謝を促す効果があります。新陳代謝を促すというのは、ターンオーバーを正常に保つという事でもあり、ニキビ跡のシミを改善するのに必要な成分であると言えます。
また、ビタミンB2はニキビができる原因である皮脂の分泌を防ぐ働きもありますので、ニキビが出来るのに悩んでいる方はこの成分が含まれる食材を摂取するといいでしょう。

ビタミンB2の成分を含む食べ物は以下の通りです。

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • レバー
  • イワシ
  • 納豆

ビタミンE

ビタミンEは、血流の流れを良くし、肌の新陳代謝を高める効果に期待ができます。ビタミンB2と同じく、新陳代謝を高める事ができるので、ビタミンEもターンオーバーを改善することが出来ます。よってニキビ跡のシミを改善するのを促進する働きに期待できます。

ビタミンEの成分を含む食べ物は以下の通りです。

  • ピーマン
  • アーモンド
  • アボカド

ビタミンC

ビタミンCは、ニキビ跡のシミ(色素沈着)を改善する働きがある他、炎症を抑える効果、シミ(色素沈着)ができる原因であるメラニン色素の抑制にも期待ができます。
つまり、ニキビ・ニキビ跡どちらにも効果が期待できるのがビタミンCですので、ビタミンCはどなたでも摂取するのをおすすめします。

ビタミンCの成分含む食べ物は以下の通りです。

  • ピーマン
  • アセロラ
  • レモン
  • イチゴ
  • ブロッコリー

まとめ

今回紹介した食材はどれも、ニキビやニキビ跡を改善や予防する効果に期待できる食べ物です。肌の外面からのケアも大切ですが、食べ物からのケアも大切になってきます。
特にビタミンCはニキビやニキビ跡に重要な成分ですので、是非取り入れてみてください。
ビタミンCが含まれた化粧水や美容液をスキンケアに取り入れるのも効果的です。化粧水や美容液では、肌により浸透しやすくなったビタミンC誘導体という成分名で配合されています。
外面と内面、両方からケアをしていくことで、シミやニキビ跡に、より効果に期待が出来るでしょう。

「毎日ケアしているのになかなかシミやニキビ跡が改善しない」といった方は、紹介した食べ物を取り入れるだけでも変化を感じられるかと思います。なぜなら、私たちの肌を作っているのは、私たちが食べた食材ですから。